toggle
Just another WordPress site
2017-01-13

GINはじめました。

店主のMickeyです。

お久しぶりの更新となりました。

お店はもちろん新年を迎え通常運転をしており、ちょこちょこと日々、小さなことから大きいことまではじまったり終わったり。

昨年末にスタートした試みとして、【GIN(ジン)】の品揃えを増やしております。

 

ひとくくりにGINと言っても、実は物凄い種類の商品が存在し、メジャーなものはほんの一握り。

GINは蒸留酒をジュニパーベリーで風味づけしたスピリッツですが、そこからボタニカル(植物・ハーブやスパイス含む)を加えて風味に深み、個性を出します。

香りにこだわったコンセプトショップであるクアドロフェニアにはうってつけのアイテムということで、今年は【GUINESS&GIN】をPUBでは一押しアイテムとして皆様に提案して参ります。

 

ちょこちょこアイテムは入替えになる予定ですが、直近のラインナップはコチラ

 

店主の一押しは、

シップスミスブラック × フィーバーツリートニックウォーターでつくる【ジントニック】

信じられないくらいにドライな衝撃を受けるシップスミス ロンドンドライジンと、無添加・天然由来、【本物】のトニックウォーター「フィーバーツリー」で作るジントニックは、これまで飲んでいたジントニックとは全く異なる、感動すら覚えるパーフェクトジントニックです。

 

日本市場に向けたものよりさらに度数をあげた57.7度のアルコール度数を誇る【ブラック】ですが、アルコールよりも複雑なジュニパーとボタニカルの融合が感じられ、ドライな味わいはトニックウォーターで割っても決して薄まることのない、まさに、ジントニックを作るために生まれてきたドライジンと言えます。

 

ストレート・ロックでいただくなら、

【季の美(KINOBI)】 Kyoto dry gin

昨年9月より京都で稼動を開始した、国内初の蒸留所がお届けする【ジャパーニーズ ハンドメイド クラフト ジン】

メイド イン ジャパンらしく、ボタニカルに玉露や柚子を加えた繊細な風味が感じられる、何もかもが新しい、和のGIN。

ぜひともストレートがロック(もしくは少量の加水も考慮に加えて)でいただいて下さい!

 

今後、GIN×SPICEなど、枠を広げたカクテルの提案などできればと。こうご期待!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です